2019年3月22日〜2019年4月7日

ベリーマキコ:日常という旅路 Daily Life Journey

 ベリーマキコ(Makiko Berry・1975年京都府生まれ)は、京都府亀岡市に生まれ、自然児として里山を謳歌する暮らしの中で自然への観察眼や好奇心を育んだと言います。1998年に成安造形大学日本画クラス研究生修了後に渡米し、メトロポリタン美術館東洋美術修復室に勤務。2008年の帰国まで、彫刻を含む油絵絵画の修復を手がける傍、版画作品の制作・発表、絵本の出版などに取り組む。帰国後に本格的に作家活動を再開し、2012年には『第4回京都日本画新展』にて大賞を、2016年の『第2回藝文京展~現代の平面~』では優秀賞を受賞。また、亀岡では現在も幼児~高校生の感性を磨く「のびなびあーと」の開講や日本習字の支部開設のほか、こども放課後活用プロジェクト「なないろのアトリエ」絵画指導、「文化を未来に伝える次世代育み事業 なないろのアトリエ」アート制作指導など、作家活動だけでなくアートを通じた教育にも力を注いでいます。
ベリーは絵の構想やモチーフを持たずに画面に向かい、まず自身の内から生じてくる何かを待つといいます。想うこと、思い出すこと、考えること、感じること。そうした意識と無意識の中で生じたイメージは、次第に筆と絵の具によって画面に現れます。瞬間的な作家の感性や内面だけではなく、現在に至るまでの経験や人生といった時間の厚みをともなうイメージは、画面内に広がりだけでなく奥行きとなって現れてくるようです。
 ベリーはいつも自分自身を出発点に絵を描き、そこに現れた絵に自身を含めた様々なものを発見します。それはいわば自分への旅であり、絵はその旅先で彼女の目に映り、心に留められたイメージを私たちに伝えるものでもあります。
 国内外を問わず活動し、「描くこと」について多様な素材や技法などを探求してきたベリーマキコの新作・近作およそ20点で構成する本展『日常という旅路』は、彼女の現在までの「遠く、外へ、未知へ」の旅の軌跡であるとともに、その旅は「日常」への真摯な眼差しからはじまるものであることをも感じさせてくれるのではないでしょうか。

ステートメント


人々は日常を繰り返す・・・何の変哲もない日常を。
積もり積もって人生なのか。
我々は、旅をしているのであろうか。
終点はどこだろう。一度生まれ出でたら、死に向かう旅なのか。
その答えを探す旅は続いてゆく、ごくありきたりな日常は繰り返す。

 

ベリーマキコ




作家略歴

ベリーマキコ|Makiko Berry

 

1975年 京都府亀岡市生まれ
1998年 成安造形大学・造形美術科・日本画クラス卒業 翌年研究生

主な展覧会

2019年 京都 日本画新展 in 二条城
2018年 個展「ドラマチックな日常~dramatic things in everyday life~」(天野画廊 / 大阪)
2017年 個展「帰蒼 ~Returning to blue~」(Gallery TOMO / 京都)
個展「帰蒼 ~Returning to blue~」(天野画廊 / 大阪)
MAMA展(ギャラリーえがく / 京都)
Art Fair Asia Fukuoka(ホテルオークラ福岡)
いのりの象(数寄和大津 / 滋賀)
2016年 第二回 藝文京展 ~現代の平面・ひかりとかたち~[優秀賞](京都芸術センター)
第22回尖展(京都市美術館)招待作家 *2017~18年も出展
個展「オアシスOASIS ベリーマキコ絵画展」(広島三越ギャラリー / 広島)
AKINプロジェクト・アーティスト イン レジデンス(ウェールズ, イギリス) 
2015年 新鋭日本画三人展(ポルタギャラリー華 / 京都)
現代の日本画~世代をつなぐ~(ギャラリーヒルゲート / 京都)
See Visions(arton art gallery / 京都)
個展「ベリーマキコ絵画展」(ギャラリー恵風・京都)(同16年個展「秘密の花園」)
個展「ベリーマキコ展 ~過去作品から新作まで~」(同時代ギャラリー / 京都)
京都日本画家協会(京都府京都文化博物館) *2017年にも出展
2014年 第一回 続 京都 日本画新展(美術館「えき」KYOTO) *2018年にも出展
no borders日本画(ギャラリーヒルゲート / 京都)
2013年 祈りの世界展(京都府立文化芸術会館/arton art gallery共同企画)
第31回上野の森美術館大賞展(上野の森美術館/京都府京都文化博物館)
The 12th Korea International Art Fair(ソウル, 韓国)
2012年 個展「ウラトオモテ」(arton art gallery / 京都)
第四回 京都 日本画新展[大賞](美術館「えき」KYOTO) *2013年も出展
2010年 個展「タタズム」(アートギャラリー北野 / 京都)
2008年 ウクライナ絵本プロジェクト ミニチュアブック世界巡回展
2007年 個展「日々のこと」(ギャラリーブリキ星 / 東京)
個展「日々の事」(Gallery Ray / 名古屋)
2006年 個展「Makiko Okamoto」(Kathleen Dinai Gallery・オハイ, アメリカ)
個展「山の裾野の物語 ~キラキラジェネレーション」(Gallery Ray / 名古屋)
2005年 個展「ひもの行方」(ギャラリーブリキ星・東京)
日本画ジャック(京都府京都文化博物館)
2004年 個展「Recent Works in LA」(アートギャラリー北野 / 京都)
個展「Flow」(Gallery 825・ハリウッド, アメリカ)
2003年 個展「ミタコトノアル?風景」(Pepper`s gallery / 東京)
2002年 個展「彼女の記憶」(Pepper`s gallery / 東京)
個展「Usual Matters」(off Main Gallery (サンタモニカ、アメリカ)
個展「魔法」(ギャラリーブリキ星・東京)
2001年 個展「彼女の周辺vol,2」(アートギャラリー北野 / 京都)
1999年 個展「彼女の周辺vol,1」(堺町画廊・京都)
 
《 環 circle 》

《 環 circle 》
2019
727×909mm

《 人間という光 》

《 人間という光 》
2016
岩絵具、水干絵具、墨、高知麻紙
920×1620mm

《 オアシス 》

《 オアシス 》
2015
岩絵具、水干絵具、高知麻紙、金泥、墨
455×379mm

《 むらさき 》

《 むらさき 》
2018
岩絵具、水干絵具、高知麻紙
270×220mm  

《 希望 》

《 希望 》
2018
岩絵具、水干絵具、墨、高知麻紙
1306×1620mm

《 ソレデモヨガアケル 》

《 ソレデモヨガアケル 》
2012 
水干絵具、墨、高知麻紙
1620×1300mm

 

 

空白